食べる・飲み込む機能(摂食・嚥下機能)に障害がある方、障害が疑われる方に対して、私たち歯科医師が摂食・嚥下機能検査を行っています。

検査は、外来だけでなく訪問診療でも行っています。

各種検査の検査時間は30分程度です。

 

1.主な検査

①外部評価検査

実際の食事場面を観察することは、摂食・嚥下機能を評価する上では非常に重要なことです。食事場面を観察することにより口、舌、顎の動き、食形態が適当か、食事介助が正しく行われているかなどを見ていきます。そのときにビデオ撮影を行います。録画したビデオを再生して繰り返し観察することも必要となります。

検査のときは、普段の食事を用いて検査を行います。

②嚥下内視鏡検査

鼻咽腔ファイバーを鼻から挿入して、鼻や咽の形や動き、粘膜の状態、唾液貯留の有無、誤嚥や食べ物の残留の有無や程度を検査します。

検査のときは、普段の食事を用いて検査を行います。

訪問診療でも検査が可能です。

③嚥下造影検査

造影レントゲン検査を行います。この検査は病院での検査となります。

 

2.摂食・嚥下リハビリテーション

検査結果に基づき、患者さんにとって安全な食形態、食事介助法、必要なリハビリテーションの指導を行います。

 

3.費用

検査、リハビリテーションにかかる費用は保険診療内です。

 

摂食・嚥下機能検査とリハビリテーションは完全予約制です。

お申し込みは各歯科医院に直接お申し込みください。